統合された身体を手に入れて、
快適な姿勢と自由な動きを
お問い合わせはこちら →
インテグレート(統合)されたからだを手に入れて、快適な姿勢と自由な動きを
お問い合わせはこちら →

BODY AND GRAVITYでは、筋膜への施術と動作教育により、
”統合された身体”(動きや姿勢において身体全体が協調するようなまとまりのある身体)を目指すロルフィング®︎を提供します。身体のバランスを整えながら、普段の姿勢や動きが改善されることで、施術後も良い状態を維持できるような身体を手に入れます。

ロルフィング®︎について →

ロルフィング®︎から得られる3つの効果

01

01

身体感覚にもとづいた
無理のない動きと柔軟性

単に可動域を広げたり、柔軟性をあげるのではなく、一人ひとり各人にあった無理のない動きを見つけていきます。また、力を「入れる」のではなく、身体の各部位がつながりを持って、力を「伝える」ような動きを意識していくことで、より楽で無理のない動きを獲得します。

動きや柔軟性に制限がある方
治療、リハビリ後も不快感が残っている方
怪我後にからだのクセがついた方
身体感覚に基づいたパフォーマンスの向上を目指したい方

02

02

バランスの良い
安定した姿勢

正しい姿勢に当てはめていく作業ではなく、その人が心地よく感じる、より良い姿勢を獲得していきます。
心地良さはその状態の維持にもつながります。脱力はしているけれど、安定していて同時にしなやかに動ける、そんな無理のない姿勢を目指します。

気づくといつも同じ足に体重を載せている方
身体の左右差や姿勢の崩れを感じる方
良い姿勢をとろうとすると力んでしまう方
長時間同じ姿勢で仕事をされている方

03

03

慢性的なハリや
痛みの緩和

人は、その人特有の身体の動かし方や、習慣化された姿勢を持っています。毎日繰り返されるこれらの動きの中で、力の入れ方に偏りがあると特定の場所に負担が蓄積し、それが慢性的な痛みや不調として現れます。これらの原因となりうるその人特有の身体の使い方をかたよりのない調和のとれた状態にしていくことで、症状の改善をはかります。

慢性的な肩こり、腰痛
慢性的な息苦しさ、疲労感、不眠症
身体の力みが抜けない方
側湾症やヘルニアにより生じる痛み

10シリーズについて

ロルフィング®︎では、10シリーズ(10回のセッション)を通して、重力と調和の取れたからだを目指します。10シリーズは表層、深層、統合の3つのパートに分けることができます。また、各セッションにはテーマがありそれぞれは繋がりを持っています。

表層のセッション
(1回〜3回目)

広い表層の筋膜を扱います。
表層の筋膜を整えることは、
深層のセッションの準備になります。

深層のセッション
(4回〜7回目)

身体の内側のラインを繋げていきます。主に骨盤から頭までを扱います。

統合セッション
(8回〜10回目)

表層•深層のセッションでバランスのとれてきた身体をより大きな枠組みで繋げていきます。

セッション 1

呼吸のしやすい身体づくり

最初のセッションは人間が常にし続けている動作「呼吸」です。肩甲帯と骨盤帯の制限を取り除き呼吸の広がりをつくります。深く広く呼吸ができることは身体の不調を解きほぐす最初のキーとなります。

セッション 2

地面とのコンタクト

地面と身体の接地に重要な足と下腿を扱います。大地とのコンタクトを安定させることは、
無理のない立ち姿勢や歩き方を手に入れるための第一歩です。

セッション 3

身体の側面を整える

身体の両側面を広く扱います。身体の外側の面にある筋膜のかたよりを整えることで、側面の軸を作り出します。セッション2で感じてもらった地面のサポートを身体の上へとつなげていきます。

セッション 4

足から骨盤底へのつながり

セッション3までは身体の外側を扱ったのに対し、セッション4からは身体の内側を扱います。足の内側から骨盤底までの制限を取り除き、地面からのサポートを骨盤まで繋げます。

セッション 5

体幹前面のスペースづくり

折り返し地点のセッション5では身体の中心の空間をつくる大腰筋、横隔膜、胸郭へのワークを行います。大腰筋から脚を動かす感覚を体験していただきます。
また、セッション5に対応する形でセッション6では体幹後面を扱っていきます。

セッション 6

骨盤、背骨へのつながり

セッション5までは主に仰向けでの施術がメインでしたが、セッション6ではうつ伏せがメインとなります。骨盤(寛骨、仙骨)、背骨へとワークをすることで、地面からのサポートをより身体の上へと繋げていきます。

セッション 7

土台に繋がる首、頭

深層のセッションの最後は首、頭のセッションとなります。セッション4から6まで整えた身体の内側のラインの上に首、頭を位置付けていきます。このセッションでは体の内側に一つのラインを感じることができます。

セッション 8と (セッション9)

上半身・(下半身)の統合

調和のとれた上半身、下半身を構築していきます。セッション8で上半身、下半身どちらを先に扱うかはお客様の状態を見て判断させていただきます。

(セッション 8 )と セッション9

(上半身)・下半身の統合

調和のとれた上半身、下半身を構築していきます。セッション9で上半身、下半身どちらを先に扱うかはお客様の状態を見て判断させていただきます。

セッション 10

全身の統合

身体全体の釣り合いを整えていきます。重力の下、調和のとれた姿勢、動きを感じてもらいます。

お問い合わせはこちら →

一般的なマッサージとの違い

ロルフィング®︎   

一般的なマッサージ

目的         

ロルフィング®︎

施術後も持続するような
調和のとれた身体を手に入れること

一般的なマッサージ

短期的なリラクゼーションや
症状の緩和

扱う対象      

ロルフィング®︎

全身(主に筋膜)

一般的なマッサージ

症状の出ている箇所(筋肉、骨)

施術のスタイル

ロルフィング®︎

コミュニケーションをとりながら、 感覚や動きをの変化をみていく施術

一般的なマッサージ

受け身の施術

※ 一般的なマッサージとは全てのマッサージや整体を指しているわけではありません。

よくある質問

Q1:
ロルフィングという言葉を初めて聞きました。

ロルフィングは西洋医学的なものと東洋医学的な身体の見方両方を取り入れらている、比較的新しいボディーワークです。

このような新しい身体の扱い方や考え方は世界で徐々に受け入れられつつあります。最近では、ドイツのテレビ番組で取り上げられたり、アメリカでは保険を適用しながら、セッションを受けられる州も出てきています。

また昨年、グーグルの主催するtalks at googleでロルファー™️(施術者)のMary Bondがロルフィング®︎の身体の捉え方についての講演をしています。
まだ日本では認知度が低いですが、海外では浸透しつつある施術です。

Q2:
なぜ10回なんですか?

ロルフィングは10回で調和した身体を獲得できるようにデザインされているので、全て受けていただくのが理想です。ただ、10回というのは様々な面でハードルが高いというのも事実です。

私自身も初めてロルフィングを受ける時はその回数に悩んだのを覚えています。10回はちょっと、という方もお伝えいただければ、無理に勧めることもいたしませんので、遠慮なくお伝えください。

また、1回のみのセッションや、表層セッションのみの3回といったものも可能です。お気軽にご相談ください。

Q3:
ロルフィング®︎はどれくらいの間隔で受けるのですか?

10回を受けていただくお客様には約1~2週間に一度をおすすめしています。これは一般的にセッションでの変化が、日常生活に馴染んでくる期間とされているためです。しかしお身体の状態や、お仕事の関係で1ヶ月間隔で受けられる方もいらっしゃれば、短い間隔で受けられる方もいらっしゃいます。10回の中でも間隔の調整は可能ですので、お気軽にご相談ください。

Q4:
なぜ効果は持続するの?

ロルフィング®︎を受ける過程で立つ、歩くといった普段の立ち居振る舞いが楽になってきます。反復される動き方や使い方がより自然になることは不調や痛みの原因を取り除くことにもなります。そういった小さな変化が徐々に体に馴染んでいくことが、ロルフィング®︎終了後身体の状態を良い方向へ保ってくれます。

Q5:
セッションの流れ(実際にどんなことをするの ? )

まずは問診から始まります。過去の怪我や、現在お悩みのこと、どのように改善したいかなど自由にお話ししてください。問診後は着替えていただき、立ち姿勢、歩きの様子を見ます。

このとき、かんたんな動作(深呼吸をしてもらったり、膝の曲げ伸ばしをしてもらったり)やこちらからの質問(足のどのあたりに体重がのっていますか?、膝の曲げ伸ばしは右側と左側でどちらがやりやすいですか、呼吸はどこに入りやすいですか?等)をします。

その後、マッサージテーブルに横になっていただいて、筋膜に働きかけます、また必要に応じて、椅子に座ったり、立ちながらもワークをします。ワークの最中にも上記のようなかんたんな動作や質問もしていきます。セッション終了時には再度軽く動いてもらったりしながら、様子を確認していきます。

Q6:
正直、どの人からロルフィング®︎を受けるか迷っている。

安心して納得したセッションをうけるためには非常に大切なポイントです。一言にロルフィング®︎といってもロルファー™️(施術者)のタッチや相性などによってお客様が受け取られる印象も様々です。

私がオススメしているのは、候補に挙がっている施術者の体験セッションや単発セッションを受けてみることです。ホームページやブログからだけでは感じ取れない相性も一度体験した上で、信頼できるロルファー™️を選択をしていただけると、お客様にとってよいロルフィング®︎が体感できるはずです。日本ロルフィング®︎協会のホームページでは京都、関西地区のロルファー™️を検索することができますので、ぜひご活用ください。

体験談

Intense journey under superb guidance!

私は柔軟性の向上のために友人からロルフィングを紹介されました。
幸運なことに私の住んでいるミュンヘンにはロルフィングの学校があり、
ロルフィングを学ぶ学生のクライアントモデルとして
ロルフィングを受けることができました。

ロルフィングは私にとって特別な経験となりました。
私は回数を重ねるたびに体が良い方向へ変化してゆくことを実感し、
また自身の体に対して多くの気づきを得ました。

私はこのロルフィングにおける変化を
担当ロルファーであるヒロキとともに実感することができました。
ヒロキは技術や知識を持っているだけでなく、
落ち着いていて、細やかな気配りが出来る人でした。

私は、ロルフィングを経てから半年後もその効果を実感しています。
(英文から翻訳)

Alexander Weiß(アレキサンダー・ワイズ)

ドイツ ミュンヘン

料金

ロルフィング®︎セッション

10,000/回
(90 分)

※単発セッションも承ります

10シリーズ一回の料金です。(なぜ10回なんですか?)単発、その他ご希望の回数のセッションも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

体験セッション

3,000
(60 分)

※ お一人様一回限り

通常のロルフィング®︎セッションの体験ができます。ロルフィング®︎のタッチや考え方を体験できます。

※ セッション1回を受けるごとに、現金でお支払いください。

お問い合わせはこちら →

アクセス

アクセス

セッションルーム

〒602-8226 京都市中京区錦小路通新町西入ル西錦小路町259 POIKA四条烏丸 8B

アクセス:
京都市営地下鉄「四条駅」、阪急電鉄「烏丸駅」から 徒歩5分
京都市バス「四条西洞院バス停」から 徒歩2分

ブログ・情報

お問い合わせ

お問い合わせはメール、もしくはお電話にて承ります。
ご意見・ご質問など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら →

お電話でのお問い合わせ

tel.080-9601-3077