ブログ・情報

研修旅行記〜シンガポール編〜

今年の夏季休暇はロルファーとして認定されてから初めての海外研修に来ています。

2017年の冬にドイツでロルフィングの学校を卒業して以来初の海外で、頭を英語へ切り替えたりと海外サバイバルモードへの切り替えが懐かしい感覚です。

今回の研修は卒業した学校のあるドイツのミュンヘンで行われるのですが、フライトでシンガポール乗り換えのものを選べたため、そちらに住む友人を訪ねてきました。

今回訪ねた友人のHee Tanはシンガポールで活動しているロルファーです。

僕がロルファーになる以前にシンガポールを訪れた際に知り合った方で、卒業とその後の活動報告をしに行きました。

実はHeeと会うのはこれで2回目なのですが、不思議なものですごく気があって、今回の再会も昔からの友人に会うような気持ちでした。

ロルファー同士が会うとお互いにワークの練習をすることはよくあるのですが、自分が学生だった頃の先輩ロルファーにワークできるのはいつも感慨深いものです。

彼のワークからはテクニックはもちろんのことクライアントさんとのコミュニケーションについても学ぶ点が多く、改めてロルフィングは共同作業だということを実感できました。

当初は卒業後の近況報告だけのつもりでしたが、交換セッションや食事も含めてHeeとは長く時間を過ごしたため、今回のシンガポール滞在ではほとんど観光をしませんでした笑

しかしながら、海外での学びの中で、心が通じる友人を得られたことはとても幸せなことだと感じています。

シンガポールでの滞在後はいよいよ目的地のミュンヘンへ旅立ちます。

続く