ブログ・情報

お客様の声【30代女性・ ヨガインストラクター】(セッション3まで終了)

僕の教えている解剖学、ボディワークの授業がきっかけでロルフィングに興味をもってくれたモニターさんです。

いつも身体やヨガの話だけでなく自然やキャンプの話などいろんな話ができて楽しいセッションになっています。

*初めて感想を読まれる方はお客さまの声を読まれる方へもお読みください。

【セッション1】

【セッション2】

【セッション3】

○ロルフィングを受けようと思ったきっかけ

ヨガを実践している中で自分の体なのに自分の思うように動かせないことにもどかしさを感じ、思考と身体を繋ぐ目的でロルフィングを受けようと思いました。

【セッション1】

セッション前の呼吸は主に胸を使った呼吸でした。胸ばかりが膨らみ他の部分への広がりはあまり感じませんでした。
セッション後は肺が上半身いっぱいに広がったように感じ、力を入れなくても腕の付け根、足の付け根まで呼吸で満たされていました。
肩回りのつまりがなくなり、鎖骨は左右に広がり首が長くなったような感覚に。ヨガ仲間から呼吸が深いと言ってもらえるようになりました。

【セッション2】

左膝内側に痛みがあり相談させていただきました。ヴィラ1(ヨガの戦士のポーズ1番)など骨盤ニュートラルで右足を後ろに下げたとき股関節がつっぱることが原因では?という視点からセッションをしていただき、その後足のスタンスが広がり、左膝の痛みもありません。
膝の内側の痛みにも関係があるのかもしれませんが、足の裏の主に内側ばかりに重心がかかり、小指側で床をとらえることが苦手でした。
ロルフィング後は足の裏が広くなったようで小指側でもうまく床を押せるようになりました。
セッションを受けてみて初めて、歩くことにがんばっていたことに気づき、足の運びが楽になりました。
自分では気づかない癖が体に染みつき当たり前になっていると、身体が辛いことにすら気づいてあげられないのだなとハッとしました。
自分を労わってあげる良い機会になっています。

【セッション3】

肩が内まきになっていることもあり、プランクの体勢で自分の体重を支える時に肩に緊張がありましたが、セッション後は肩が真横に開いた感覚がありました。
両手を天井に上げたときの肩の力み、脇のつっぱりがなくなりセッション後は体がとにかくふわふわ。
椅子に座った時の背もたれに当たっている部分の面積が増えました。

〜〜

私は日常的にヨガを行っているのですが、先生はアーサナを取るうえでの効果的な体の使い方を一緒の考えてくれます。どの部分を意識するか。呼吸もそうですが意識すると体はきちんと応えてくれます。
ロルフィングを受けて自分の体が変わっていくことが面白くてたまりません。
受ける側の人となりを知り、対話をしながらセッションしてくださるので、身体を触ってもらうときに大切な委ねることが安心してできるロルファーさんです。
セッション後は平和な波打ち際のような呼吸が体の中を巡るような感覚です。
帰り道ではそれまで気づかなかった些細な日常の幸せに気づける、余韻を大切にできるロルフィングです。
心も身体もニュートラルであることがとても心地いいと教えてもらえる、もとの自分に帰ってくることができる時間をいつもいただいています。