ブログ・情報

ちょうど良いアドバイス

先日、ボディワーカーの方とお互いのワークを練習する機会がありました。

今回はロルファー(ロルフィングの施術者)の方ではなく、アレキサンダーテクニックの教師の方との練習でした。

僕たちはどちらも動作教育に携わりますが、異なる見方やアプローチを用いています。

お互いのワークを通じて共通する点を発見したり、新しい見方を学ぶことができましたが、クライアントにとって必要なものを見極めることの大切さを今回改めて実感することができました。

動作教育(僕のホームぺージでは身体学習といっています)とはクライアントのもつ動きや姿勢の癖を改善していく体感型のワークです。

動きや姿勢において負担となるようなパターン(癖)を身体感覚を通して気づき、異なる動きを作り出していくことで、負担の少ない動きを学習することができます。

動作学習というのは、セッションを行う二人が協力して初めて成立します。動作等のパターンは自分自身ではなかなか発見できないので、ボディワーカーによる言葉や手によるサポートが必要となります。

同時にそのパターンを認識して、別の動きを模索する段階では受け手の主体性が大切になります。

今回の練習会で、こんなことがありました。
僕が動作教育を受けている時、どうしてもうまくできない動きがあったのです。

相手からの指示を体現しようとしても、普段できていない動きのため体が動きません。頭の中でその動きをイメージするのですが、いつもの癖にならないようにと考えてしまい、余計にぎこちない動きになってしまいました。

そんな時、「今まで言ったこと全部忘れて動いてみよう」と言われました。その言葉がきっかけで頭でっかちな状態から切り変えることができ、自然に動くことができました。

いわゆる正しい指示であっても、自分の状況次第では、そのまま受け入れることができない時があります。

今回の動きの提案自体も決して強引なものではありませんでしたが、僕が真面目になりすぎていたため、動くことができなくなっていました。

その人にとって受け入れられるアドバイスというのは、状況によって様々に変化します。

それは、知識や頭だけで答えが出るものではなく、その人が受け入れられる環境を作ってあげること、そしてその人と丁寧に対話することがとても大切です。

今回僕のケースでは、「忘れて動いてみよう」という一言がスムーズな動きを引き出してくれました。

一見些細なことでも、お客様にとっては大きな違いとなってきます。

その人にとって、その時必要な言葉をかけることのできるロルファーでありたいと思います。

当たり前だけど、大事なことに気づかされた勉強会でした。