ブログ・情報

グラウンディング

前回のブログでは歩きの動画で、動きの質の違いについて紹介しました。

言葉だけで、動きの質とか動き方と言われてしまうとなかなかイメージされづらいと思いますが、実際に見てみるとその違いがわかりやすいかと思います。今回も質感シリーズ続けていきます。

みなさん、グラウンディングという言葉は聞いたことありますか?ヨガをやっている方などは馴染みがあるかもしれませ

ん。身体と地面の繋がりがある状態のことを意味する言葉です。

ロルフィングでは、クライアントさんの身体と地面がどのような関係性を持っているかを見ています。身体と地面の繋が

りがある人は文字通り地に足がついていて、安定感のある姿勢や動きが見てとれます。一方で、地面との繋がりが弱い人

は、地面の支えを利用できていないので、姿勢を固めてしまっていたり、動きに力みがある様子が見えてきます。右の足

首をひねってしまったら、右足は地面についているけど、かばうように左足で支えますよね。このように着いてはいるけ

ど、委ねられない状態の身体の使い方をされている方は結構いらっしゃいます。休んでいるのになんだか疲れが取れない

とか、トレーニングをしているのに動きに安定感がないという場合には、身体にはグラウンディングが必要なのかもしれ

ません。


今回はグラウンディングのワークが紹介されている動画を載せてみました。英語の文章のうちいくつかを意訳して載せておきます。


Sense the weight of your body resting against the surface below you.

あなたの下にある地面に対して、身体の重さが静かに休んでいるのを感じてみましょう。

Get comfortable with your connections to the surface.

地面とあなたの繋がりの中にある心地よさを見つけてみましょう。

Now let’s try a roll how would you begin?

さあ、寝返りをしてみましょう、どのように始めますか?

Explore how pushing against different points of contact.

異なる接地点に対してどのように力が伝わるかを探求してみましょう。

Can help you to initiate movement.

それはあなたが動き始めるのを助けてくれます。


はじめに、身体が地面に委ねられているのを感じ、地面との繋がりから動き始める様子が赤ちゃんの動きから見て取れたと思います。このワークはヨガスクールの授業でも実際やっていてとても評判がいいです。

身体が落ち着かないときや、力みが抜けないときはこのワークを試してみて、是非グラウンディングを体感してみてください。