ブログ・情報

筋膜について

ロルフィングではバランスのとれた身体を獲得するために、筋膜への施術が含まれています。

今回は筋膜についてもう少し詳しく話したいと思います。

簡単な説明はロルフィングとはのページにありますのでそちらも参考にしてください。



筋膜とは筋肉、骨、内臓、神経などあらゆる組織や臓器の間に存在する薄い膜のことです。

この薄い膜はあらゆる組織や臓器を包み込みながらひとつながりになっています。

ひとつながりというのは単に頭から足の先までを包んでいるというだけではなく、体の表面に近い部分の筋肉や腱から、内側の骨や臓器に到るまで、外から中までも網の目のようになってつながっているのです。

鶏肉や豚肉といった肉がひとつのまとまりになっていたり、骨と肉が離れないのは実はこの筋膜のおかげなのです。

しかしこの筋膜は他の臓器や組織などのようにぱっと見は大きな役割があるとも思えないため、従来の医学では論じられることも少なく、また半透明の膜であらゆる臓器を覆っているため、解剖の現場では邪魔者くらいの扱いで取り除かれていました。

しかし最近になってこの膜は各組織を単に覆っている「邪魔者」ではなく、姿勢や動きにとって重要な役割があると注目されています。



そもそも筋膜は何でできているかというと多量のコラーゲン繊維と少量のエラスチン繊維によって構成されています。

コラーゲン繊維はハンモックのように力が加わると形を変えることができる繊維で、エラスチン繊維はゴムチューブのように伸び縮みすることで、加わっていた力がなくなると元の形を取り戻す働きがあります。

椅子に座ると重みを受け止めるようにお尻は形を変えますが、立ち上がると元の形に戻ることができます。この柔軟に形を変え元に戻ることはコラーゲン繊維とエラスチン繊維が互いに伸び縮みすることによって可能になっているのです。

正常な筋膜の場合この二つの繊維は自由に伸び縮みできるのですが、姿勢や動作に偏りがあり、日常的に体の一部に負担がかかりり続けることで、これらの繊維が伸び縮みができなくなってしまいます。

まるで、伸縮自在だった服の一部が接着剤でくっついてしまったような感じです。

繊維が動かなくなることで、力に対して、筋膜が適当に変形したり、形をもとに戻せなくなってしまうので、様々な問題が起きてしまいます。

・身体を思うように動かせなかったり、無理やり動かそうとすることで不必要な力みが出る

・怪我が完治しても、動きの不快感や違和感が残っている

・身体に左右差がありどちらでもバランスを取ろうと努力するも、うまくその差が埋まって来ない

・良い姿勢を取ろうとすると体が力んでしまう

・深い呼吸が吸えず息苦しい

・分散されるはずの力が関節や神経へ集中してしまうことで関節痛や神経痛を引き起こす

などなどあげていくときりがないのですが


これらの身体のバランスの不具合や長く続く慢性的な痛みや症状には筋膜による影響であるということが、最近の筋膜の研究によってわかってきました。

見た目によらず、実は大事な役割を持っていたんですね。


僕のやっているロルフィングでは、筋膜による施術に基づいてカラダのバランスを整えます。

ゆっくりと圧をかけながら筋膜がほどいてゆく施術になります。

僕のスタイルとしては痛みを我慢してもらうことは好まないので、お客さんには圧の強さを伺いながら施術をしています。

(強い圧が必ずしも筋膜を緩ませるわけではないのが、筋膜の奥深いところです)

また、ロルフィングでは筋膜を整えるだけでなく、その原因となった動きや姿勢の偏りも整えていきます。

お客さんと対話をしながら、無理のない自由な動きや姿勢を獲得していもらうことで、ロルフィング後も良い状態を保てるような体づくりを目指しています。


筋膜の施術を受けたい方、また根本の動きや姿勢を見直したい方はぜひご連絡ください。