ブログ・情報

全身を連動させるということ

先日京都水族館へ行ってきました。

まだまだ残暑の厳しい京都ですが、水族館は水の流れを感じられるとても心地良い場所ですね。

特別天然記念物のオオサンショウウオがいたり、みんなの人気者のイルカやペンギンも可愛らしかったのですが、今回個人的に1番惹きつけられたのはのはオットセイでした。


京都水族館では、水槽の透明なアクリルガラス越しに、オットセイの泳ぎが間近で見ることができます。

オットセイは前足を使って水を集め、その力を尻尾のような後ろ足に伝えながら泳ぎます。

この泳ぎはゆったりとしていて優雅なのですが、無駄がなく、無理もなく、全ての動きが協調しているので、想像以上にスーっと前に進んでいくんですね。

あまりの美しさに暫く見入ってしまいました。そして、心地好さそうにで泳いでいたオットセイの柔らかい表情もとても印象に残りました。


僕達人間は泳ぐにしても動くにしても、早く進もうとするときは踏ん張ったり、力を入れたりしてもっと大きな力を出そうとします。

でもその「頑張り」が全身と繋がっていなかったり、力みとなってしまう場合は、すぐ疲れてしまったり、思い通りに進まなかったり、それが原因で身体を痛めてしまうこともあります。

力を出しているのになんだかうまくいかないなぁ。こんなときはきっと気持ちも身体も強張ってしまっていると思います。

気持ちと身体を上手に連動させたいですよね。


ロルフィングはオットセイが気持ちよく水の中を泳ぐように、身体全体を繋げて、心地よく動かすことを目指しています。

症状や問題を点で捉えずに、全身がバランスよく繋がるにはどうしたら良いかをクライアントさんと一緒に向き合っています。

もし身体をもっと上手に使いたいなという方、心地よく身体を使いたいなと感じている方はご連絡ください。

オットセイのように心地よい動きを見つけましょう!