ブログ・情報

12月のTENの日の記録

12/20(金)は大阪北浜のTENの日に参加しました。今年は経絡と筋肉を関連付けた内容となっていて今回は肝経を扱いました。

経絡上のある筋肉をワークすると、関連する別の筋群の可動性が上がることを確認できました。肝経は眼球あたりに達するそうですが、眼球の動きが他の筋群の可動性に影響を与えることも確認がとれて、改めて経絡の面白さを感じました。


ワークを受け終わり、立ってみるとお腹の下部に動きが出ていて呼吸が吐きやすいことを実感しました。呼吸の吐き出しに制限があると、肋骨下部が開いた状態になり、呼吸を吸う際に身体が反りやすくなります。身体が前に開きやすいクライアントさんには試していこうと思いました。


今年はヒロさんの影響で経絡にも興味が出た年になりました。ロルフィングのワークだけでなく、練習を続けている太極拳の動きにも関連が見出せると、身体にまつわる様々な発見が出来て楽しいです。身体の学びは終わりがないですが、先輩に刺激を受けながらこれからも楽しんで学び続けていこうと思いました。